【住宅の性能】 - 前橋・藤岡・伊勢崎・高崎で新築戸建・注文住宅・中古住宅・建売をお考えならローコスト専門店はーとクローバーハウス
会社紹介

前橋・藤岡・伊勢崎・高崎で注文住宅・建売をお考えならはーとクローバーハウス
はーとクローバーハウス

 
【住宅の性能】

おはようございます。はーとクローバーハウスの星野です。

今日は住宅の耐震について少し書いてみたいと思います。

建物の地震に対する考え方には大きく分けて3種類あります。

耐震、免震、制振(静振)

耐震は地震が起きた時に建物がグッと堪えるという考え方。

制震は地震が起きた時に地震の揺れと反対に建物を揺らすことで家の中の揺れを抑える考え方。

  (ただし、これは2階以上の階に有効になり倒壊し難くなる考えです)

免震は地震が起きた時に揺れを建物に伝えないようにする考え方。

  (こちらは免震装置と言うものの設置が必要となり狭小地では不向きです)

はーとクローバーハウスでは地震に対して【耐震】の考え方で家づくりを行っております。

耐震は、耐震等級1を標準とし、耐震等級2、耐震等級3となり【3】が最高基準です。

現在の建築基準法を満たす建物ですと耐震等級1となり、耐震等級1以下の物は建てられなくなっています。

では耐震等級1とはどのような基準かと言いますと

・数百年に一度発生する地震に対して倒壊、崩壊しない。(震度6強〜7程度の地震)

・数十年に一度発生する地震に対して損傷しない。(震度5強程度の地震)

となります。そして

耐震等級2は上記の地震の1.25倍に耐えられる性能

耐震等級3は上記の地震の1.5 倍に耐えられる性能

となります。

ただ、震度と言っても地震の性質などにより多少変わってくるようなので、あくまで目安と考えて頂いた方が宜しいと思います。

はーとクローバーハウスの家は耐震についてもしかっり考えた建物になっております。

今の住宅は、地震が起こった時は慌てて外へ飛び出すより、家の中で硬い物の下に隠れて揺れが収まるのを待った方が怪我が少ないと思います。

東日本大震災が起きて今日で5年が経ちます。

起きないだろうではなく、いつ災害が起きても大丈夫なように日頃からしっかり準備をしておきたいと思います。

 

 

カタログダウンロード来場予約へ