住宅ローンの落とし穴 - 前橋・藤岡・伊勢崎・高崎で新築戸建・注文住宅・中古住宅・建売をお考えならローコスト専門店はーとクローバーハウス
会社紹介

前橋・藤岡・伊勢崎・高崎で注文住宅・建売をお考えならはーとクローバーハウス
はーとクローバーハウス

 
住宅ローンの落とし穴

こんにちは!スタッフの米山です。

今日は住宅ローン審査の“落とし穴”についてお話しします。
マイホーム計画をされる方のほとんどは住宅ローンを利用されますが、融資の前には金融機関による審査が行われます。

高額のマイカーローンを組んでいたり、クレジットカードの延滞履歴があると、住宅ローン審査に不利になるというのは、ご存知の方も多いと思います。
ところで、住宅ローン審査で意外な落とし穴になるのが、携帯電話の割賦なのをご存知でしょうか?

Foam house on top of mortgage application form

現在、携帯電話を購入する場合、多くの人が一括払いではなく分割購入契約を利用するかと思います。
5万円以上する機種だと一括よりも分割のほうが気が楽ですし、返済額は「実質ゼロ円」の言葉につられて、分割を選択しがちです。
この分割購入を選ぶこと自体は、住宅ローン審査に影響しません。
携帯電話を分割購入したからといって、審査が通りにくくなるわけではないので、心配は無用です。

問題は、分割購入の返済が滞ったときです。
携帯電話の分割購入も立派なクレジット契約なので、毎月の返済が「実質ゼロ円」の場合でも、“延滞”履歴が信用情報に残ってしまうのです。
この場合、利用者には「返済が遅れた」という意識がなく、単に「携帯電話料金を払い忘れた」だけと認識しています。
ここが落とし穴で、払い忘れるごとに信用情報にキズがついていってしまいます。
それが住宅ローンの審査でネックとなり、「今回は見合わせます」という結果に結びつく可能性があるわけです。
くれぐれも、払い忘れにはご注意くださいね!

カタログダウンロード来場予約へ