納豆 - 前橋・藤岡・伊勢崎・高崎で新築戸建・注文住宅・中古住宅・建売をお考えならローコスト専門店はーとクローバーハウス
会社紹介

前橋・藤岡・伊勢崎・高崎で注文住宅・建売をお考えならはーとクローバーハウス
はーとクローバーハウス

 
納豆
こんにちは!はーとクローバーハウスの米山です。
皆さん、納豆はお好きでしょうか?
日本人の朝食にはかかせない納豆ですが、ネット上で「納豆菌が強すぎて、食品業界では納豆の食用が禁止されていることがある」といううわさが話題になっています。
食品製造の現場で納豆がNGになっている事例は実際にあるそうです。しょうゆ工場、パン屋、さらには生物関係の研究室などで食用禁止になっており、「造り酒屋(酒蔵で醸造し、店舗で販売を行なう)では、納豆屋を出入り禁止にしている場合もある」そうです。

この理由のひとつとして挙げられているのは、繁殖力の強さ。
納豆菌は他の菌よりも分裂が早く、約30分ごとに倍増し、16時間で1個から40億個にまで増えるといいます。
また、生育、繁殖に向いている環境が広く、乳酸菌やイースト菌などの繁殖に悪影響を与えてしまう可能性が。
実際、見学を受け付けている酒蔵の中には「納豆菌は清酒の造りに悪影響を及ぼします」「(見学当日の)朝食の納豆は、ご辛抱いただいております」と明記しているところもあるそうです。

 

 

もうひとつの“納豆菌最強伝説”も広まっています。

研究が進んでいない領域のため断言はできないものの、納豆菌が地球外からやってきた可能性があるそうです。
というのも、納豆菌には、地球のマントルに近いところに存在する無機物などに耐性があり、これは他の菌には見られない特徴だといいます。
地表に存在するだけであれば、このような性質を持っているのは不自然。
そこから「はるか昔、地球に衝突した隕石に付着していた地球外生物かもしれない」と推測する人が出てきたのでは、とのことです。

 

これだけすごい納豆ですが、実際に食べたときはどうなるかというと、こんな特徴が。

・納豆菌は胃液で死なない。それにより、一部の納豆菌は腸内で発酵し、善玉菌が繁殖しやすい環境を作ると推定されている
・繁殖力の強さなどから、体内の病原菌の繁殖を抑える効果が期待できる
・O-157やチフス、赤痢、サルモネラ菌など広く効果を発揮するが、副作用はない

宇宙などといった表現が登場しないため、やや地味ではありますが、十分すごいエピソードではないでしょうか?
納豆菌の真の力量が発揮されるのは、宇宙でも真空空間でもなく、お腹の中なのかもしれませんね!

カタログダウンロード来場予約へ